フライ級決勝はライトフライ級から1階級上げた大湾硫斗(美来工)が田上慎馬(沖水)を2-1で下し頂点に立った。 ライトフライ級では8月の全国総体で8強と、1年生ながら実績を残した。今大会から体格に見合ったフライ級に階級を上げたが「一つ上がるだけで、体格ががっちりしてくる」と重量感を感じている。