バスケットボール男子のBリーグは10日、第1回リーグの開幕全カードとシーズン日程を発表した。琉球ゴールデンキングスのホーム開幕戦は10月1、2日に沖縄市体育館で行われ、相手は滋賀レイクスターズに決まった。BリーグはNBLとbjリーグが統合し、この秋に発足する。

 日本人初のNBA選手で、日本代表の田臥勇太が所属する栃木ブレックスとは、12月10、11日に同体育館で戦う。9月から来年5月まで各チーム60試合のリーグ戦を行い、プレーオフで年間王者が決まる。

 キングスのシーズンスケジュール詳細は球団ホームページ(http://goldenkings.jp/)で確認できる。

 Bリーグ開幕戦として行われる9月22、23日のキングス-A東京(トヨタ自動車東京)に続き、24、25日に各チームが初戦を迎える。ナショナルリーグ(NBL)で最後の王者となった川崎(東芝神奈川)とTKbjリーグで2014~15年シーズン覇者の三遠(浜松・東三河)が9月24日の初戦で顔を合わせることになった。

 川崎の篠山竜青は「(国内トップで)二つのリーグがあるというのは疑問点もあった。旧bjと旧NBLが開幕戦で対戦して注目度が上がる」と心躍らせ、三遠の太田敦也は「普段やることがなかった相手とやる。楽しみ」と意気込んだ。

 1部の開幕カードは以下の通り。

 A東京-琉球、栃木-秋田、千葉-仙台、横浜-SR渋谷、富山-新潟、三遠-川崎、滋賀-三河、名古屋D-京都、大阪-北海道