空手の世界選手権第1日は5日、ドイツのブレーメンで開幕し、個人男子形の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が決勝に進んだ。1回戦はヘイクー、2回戦クルルンファ、3回戦パイクー、4回戦チャタンヤラクーサンクー、準決勝をスーパーリンペイで、5試合いずれも5-0と圧勝した。

個人形男子の予選で演武を披露する喜友名諒=ブレーメン(共同通信)

 喜友名は9日の決勝で、地元のドイツ選手と世界一の座を争う。

 女子は仁川アジア大会金メダルの清水希容(関大)が決勝に進出した。

 組手は男女各5階級が実施される。障害者の大会も初めて同時開催され、2020年東京五輪での実施競技入りを世界にアピールする。