沖縄県と県企業局、本島周辺離島8村は6日、2021年度までに水道広域化を実現するため、連携して取り組む覚書を締結した。県庁で開かれた調印式に仲井真弘多知事と平良敏昭県企業局長、8村長が出席。8村を代表して北大東村の宮城光正村長は「広域化の実現は長年の夢。一日も早い実現に向け、連携して取り組んでいきたい」と語った。

水道広域化の覚書に調印した仲井真弘多知事(前列左から3人目)と平良敏昭県企業局長(同4人目)、離島8村の村長ら=6日、沖縄県庁

 8村は渡嘉敷、座間味、粟国、渡名喜、南大東、北大東、伊平屋、伊是名。最も水道料金が高い北大東村では本島平均の2・8倍と開きがあるが、宮城村長は「できるだけ下がるよう努力し、将来的には本島並みにしたい」と、原価が下がった分で水道料金を低減する意向を示した。覚書は、広域化によって水道サービスの地域間格差是正や、定住条件の確保を目的にする基本的な考え方などを確認している。

 仲井真知事は「離島振興は県政の大きなテーマ。きちっと実現するよう、企業局と一緒にやっていきます」とあいさつ。平良局長は「水源開発も終わり、いよいよ離島の課題の解決に向けた取り組みで、調印式は実現への第一歩」と述べた。仲井真知事と平良局長は、広域化が完了する21年度やモデル事業を先行させる17年度のスケジュールの前倒しにも言及。平良局長は「厚労省への認可変更の手続きもあるが、前倒しを含めてやっていきたい」と、手続きを急ぐ考えを示した。