【北部】やんばるを銀輪が駆け抜ける、自転車競技の祭典「第26回ツール・ド・おきなわ2014」が8日、北部12市町村を舞台に開幕する。

 国内外から過去最多の約4588人が出場、名護市21世紀の森体育館前をメーン会場に、サイクリストが各種目に挑む。初日は本島一周のほか伊平屋、伊是名、伊江島などでファミリーサイクリングを開催。

 9日は大会メーンの男子チャンピオンレース210キロなどで熱戦が繰り広げられる。9日は名護市以北で交通規制が敷かれる。