【名護】8日開幕する自転車の祭典「ツール・ド・おきなわ2014」に出場するオランダとラトビアの選手14人が7日、名護小学校を訪れ6年生約120人と交流した。児童は琉球舞踊や空手で沖縄の文化を紹介。「日曜日のレースは頑張って」と激励した。 エイサーでは選手が一緒にパーランクーをたたき、楽しんだ。