助産師の実践能力アップを主な目的に、沖縄県内の2医療施設で7月から、厚生労働省の「助産師出向支援モデル事業」による助産師の受け入れが行われている。出向した助産師は「いろいろなケースをみられる」、受け入れ先は「こちらも勉強になる」と、相互に収穫があったと話している。