16日投開票の那覇市長選挙は9日、告示される。これまで前副市長で市議会保守系の新風会と県政野党が支持する城間幹子氏(63)=無所属、前副知事の与世田兼稔氏(64)=無所属、自民、公明推薦=が立候補を表明しており、新人同士の一騎打ちとなる公算だ。

(左)与世田兼稔氏 (右)城間幹子氏

 最大の争点として城間氏は米軍基地問題を挙げ「辺野古移設に反対」と訴えているのに対し、与世田氏は基地問題は那覇市の問題ではなく「新しい那覇市の展開」を挙げている。

 また、両氏とも最重要施策として子育てや待機児童対策を掲げて持論を展開。中心市街地の活性化や福祉政策など県都の課題解決に向けた具体的な手法についても相違がある。

 一方、那覇市議補選も同日、告示される。欠員2議席に対し、これまでに自民党公認で前会社役員の新垣淑豊(よしとよ)氏(39)と司法書士の金城敏雄氏(65)、無所属の永山盛太郎氏(50)、琉球大学客員教授の宮城恵美子氏(65)、諸派で会社代表の屋良朝助氏(62)の新人5人が立候補する見通しだ。

 那覇市では県知事選、市長選、県議補選、市議補選の四つの選挙が16日に投開票される。市長選と市議補選の有権者数は8日現在、25万2564人。