沖縄タイムス伝統芸能事業60年を記念した「選抜こども芸能祭」(主催・沖縄タイムス社、共催・琉球古典音楽野村流保存会、琉球箏曲保存会)が8日、那覇市のタイムスホールであった。150人余りの子どもたちのりりしい演奏や、かわいらしい舞踊に観客は大きな拍手を送った。

古典音楽の斉唱で幕開けした選抜こども芸能祭=8日午後、那覇市久茂地・タイムスホール

 第1部は両保存会で修練に励む子どもたちの斉唱や器楽合奏などを中心に、音楽部門にスポットを当てた構成で盛り上げ、第2部は尋芸能塾による組踊「銘苅子」があった。

 「子守節」と「安里屋ユンタ」で箏を奏でた長嶺有莉(ゆり)さん(伊良波中2年)と屋良瑞樹(みずき)さん(同)は「緊張したが、リズムに乗れて楽しめた」と笑顔を見せる。三線を始めて3年目の大竹海卯(みう)さん(今帰仁小6年)は「『ヒヤミカチ節』の早弾きも無事にできてほっとした。高くきれいな声で歌えるようになりたい」と楽しそうに夢を話した。