那覇工が6-1で那覇商を下し、夏秋連覇を達成した。先発の上江田裕太が走者を出しながらも粘りのピッチング。七回の2死満塁のピンチは、低めの直球で空振り三振に仕留めた。