サッカーJ3で7位のFC琉球は9日、東京都町田市立陸上競技場で、第31節を3位のFC町田ゼルビアと戦う。前節ホームで7試合ぶりに勝利。ベテラン中山悟志の2得点などFW陣が活躍し、決定力不足を払拭(ふっしょく)する4点を挙げて快勝した。

 現在8勝12敗10分けで勝ち点34。現在6位の相模原との勝ち点差は3と、残り3戦での連勝が、順位浮上の大きなポイントになる。

 8月にアウェーでの対戦で、当時首位を独走していた町田に2敗目をつけている琉球。今季、町田との最後の対戦に勝利し、勢いをつけたい。