サッカーの第93回全国高校選手権県大会準決勝が8日、西原町民陸上競技場で行われ、前原は3-2で読谷を、西原は5-2で豊見城を退け、それぞれ決勝進出を決めた。 前原は、スコアレスの後半6分にFW山田大貴のヘディング弾で先制するも、読谷に11、17分とゴールを奪われ、逆転を許した。