第21回那覇市長選(16日投開票)が9日に告示され、市議会保守系の新風会と県政野党が支持する前副市長で無所属新人の城間幹子氏(63)、自民党と公明党が推薦する前副知事で無所属新人の与世田兼稔氏(64)が立候補した(届け出順)。一騎打ちとなる公算が大きい。

(左から)城間幹子氏、与世田兼稔氏

 両氏は届け出後の出発式で第一声を上げ、支持を訴えた。

 城間氏は「前市政を継承発展させることをあらためて決意した。市民一人一人の顔を見て気持ちにより添いながら、那覇市がさらなる発展を遂げるように努力する」と語った。

 与世田氏は「県都那覇の保守中道の政治を守る。子どもやお年寄りに優しいまち、国際物流特区を踏まえた国際観光都市那覇をつくるべく全力をつくしたい」と語った。

 また、市議補選も同日告示された。10日から市長選、市議補選の期日前投票が始まり、那覇市役所、首里支所、真和志庁舎、サンエー那覇メインプレイス、イオン那覇店(小禄ジャスコ)を含め計5カ所で受け付ける。