サッカーJ3で7位のFC琉球は9日、東京都町田市立陸上競技場で、第31節を3位のFC町田ゼルビアと戦い、1―4で敗れた。

 琉球は、前半37分に先制を許すと、前半ロスタイム、後半7分と連続失点し、さらにリードを広げられた。

 後半18分にも4点目を奪われて劣勢の中、琉球は後半22分にDF浅田大樹が今季初ゴールを挙げたが、及ばなかった。

 通算成績は8勝13敗10分とし、勝ち点は34で順位は7位のまま。次戦は16日、沖縄市陸上競技場で首位のツエーゲン金沢と今季ホーム最終戦を行う。