厚生労働省は9日、工業技術や伝統工芸、料理など各分野で優れた技術、業績を持つ149人を2014年度の「現代の名工」に選んだと発表した。表彰式は10日。県内からは和服仕立ての熊谷フサ子さん(71)=那覇市=と、琉球ガラス職人の池宮城善郎さん(56)=うるま市=が選ばれた。

和服仕立てで、現代の名工に選ばれた熊谷フサ子さん

現代の名工に選ばれた琉球ガラス職人の池宮城善郎さん

和服仕立てで、現代の名工に選ばれた熊谷フサ子さん 現代の名工に選ばれた琉球ガラス職人の池宮城善郎さん

 現代の名工は1967年、技術者の地位と技術水準の向上を図るため創設され、都道府県や業界団体が推薦した候補を審査する。基準は極めて優れた技能を持ち、ほかの技術者の模範と認められることなど。今年は149人が発表された。

【関連ページ】極めた技に光 現代の名工