県衣類縫製品工業組合の第8回oasia沖縄かりゆしウエアテキスタイルデザインコンペで、當眞千博さん(トウマデザインオフィス)の「OKINAWA RESORT2」が金賞に輝いた。グランプリは無かった。

コンペで金賞を受賞したトウマデザインオフィスの當眞千博さん(左から2人目)ら受賞者=10日、那覇市・沖縄産業支援センター

 當眞さんは、ヨーロッパの高級家具の柄をイメージし、ハイビスカスなどの南国植物をデザイン。「沖縄の未来というテーマから高級リゾート地が浮かんだ。来年もグランプリを目指して頑張りたい」と話した。

 「沖縄の未来」をテーマに県内外から122点が応募、1次審査を通過した35点を沖縄の産業祭りで展示し、来場者やバイヤーが投票、最終審査で順位を決定した。

 10日、那覇市の沖縄産業支援センターであった表彰式で同組合の大坪愼治理事長は「金賞に輝いた作品はデザインはいいが、もう少し鮮やかな色で表現するとより良かった。これからも切磋琢磨して頑張ってほしい」と激励した。

 そのほかの受賞者は次の各氏。

 【銀賞】知花綾音(県立美来工科高校3年)【銅賞】徳山日向子(同)▽落合章太(一般)▽浦添愛加(県立首里高校2年)▽當眞千博(トウマデザインオフィス)▽石川めい(県立芸術大1年)