1回戦から決勝までの全6試合を全て5-0の完全勝利で優勝した喜友名諒(劉衛流龍鳳会)。決勝から一夜明け、「まだ実感があまり湧かない」が、周囲から「チャンピオン」と呼ばれ、少しずつ世界王者の重みを感じ始めている。 「稽古のように、普段通り」を心掛けた決勝では、劉衛流最高峰の形「アーナン」を演じた。