大同火災海上保険(上間優社長)は11日、沖縄市役所に桑江朝千夫市長を訪ね、車いす2台を寄贈した。社会貢献活動の一環で1990年以降、診療所や各自治体に寄贈。沖縄市に19回目で計57台となった。上間社長は「地域の損保会社として地域の発展に少しでも力になれれば」とあいさつ。同社は本年度、23市町村と県立病院、保健所に40台を贈る予定。沖縄市は沖縄こどもの国の来園者のために活用する方針。

桑江朝千夫市長(左から4人目)に車いす2台を寄贈した大同火災海上保険の上間優社長(同3人目)=11日、沖縄市役所