ドイツで行われた空手道の第22回世界選手権の男子個人形を制した喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が11日午後、帰沖した。 2度目の出場で悲願の初優勝を飾った喜友名は、世界空手連盟(WKF)技術委員長で師匠の佐久本嗣男氏とともに凱旋(がいせん)。