16日投開票の知事選は13日、「三日攻防」に入る。無所属・新人で元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)、前民主県連代表の喜納昌吉氏(66)、前那覇市長の翁長雄志氏(64)と、無所属で現職の仲井真弘多氏(75)=自民、次世代推薦=は、那覇市など都市部を中心に組織の総力を結集する。多数を占める無党派層へ政策を浸透させる考えで、一票でも上積みしようと汗を流す。(選挙取材班)

(右から)下地幹郎氏、喜納昌吉氏、翁長雄志氏、仲井真弘多氏

 4候補は12日、各地で遊説を繰り広げたほか、集会やインターネットの動画番組に出演し、支持拡大を訴えた。

 下地氏は日課のごみ拾いをこの日も続け、早朝のうるま市でスタート。沖縄市内を中心にスポット演説し、県民投票や教育費無料化などの政策を訴えた。

 喜納氏は夕方、那覇市の久茂地交差点で演説した。名護市辺野古の埋め立て承認取り消しや一国二制度の実現などを主張し、道行く人にアピールした。

 翁長氏は那覇市内の企業の朝礼に参加。基地経済からの脱却や地理的優位性を生かした経済発展の必要性を訴えた。午後には外国メディアの取材も受けた。

 仲井真氏は那覇や南部地域の企業を訪問。夜には那覇市の真和志、首里支部の決起大会に参加し、普天間の危険性除去や21世紀ビジョンの実現を訴えた。

 4氏は三日攻防に入る13日も各地で支持拡大に力を入れる。下地、翁長、仲井真の3氏は那覇市内を中心にスポット演説や練り歩きをして支援を訴え、喜納氏はサバニで告示後、初めて辺野古へ向かう予定。