那覇市は16日、史上初めて四つの選挙を同時に迎える。市選挙管理委員会は投票箱を買い足し、職員も増やすが、混雑時には投票所に行列ができるかもしれない。

倉庫に積み上げられた投票箱の数を数える那覇市選挙管理委員会の職員=12日午前9時ごろ、那覇市役所銘苅庁舎

 那覇市では知事選に前市長が立候補、県議補選に前市議が立候補して、四つの選挙が重なった。投票箱が足りず、市選管は70個を新たに購入。これまであった分と合わせて266個を12日、投票当日の投票所54カ所に発送した。

 4選挙のうち一部だけ期日前投票を済ませた人には、職員が投票所内で付き添い、投票できる選挙を間違えないよう案内する。開票所でも人出が必要なため、当日動員する職員は計1372人。知事選単独だった2010年に比べて倍近い。

 投票所内に人が増えすぎると混乱するため、入場を規制することもあり得るという。市選管の担当者は「選挙で間違いは許されないので、ご理解をいただきたい」と話す。

 開票作業は知事選と市長選を優先して進める。県議補選と市議補選を含め、全ての結果が出そろうのは日付が変わって17日の午前0時半ごろを見込んでいる。