「知識の木 学ぶほどに 葉はしげる」。幼少期に白血病を患い、闘病生活を送った那覇市の小禄南小学校6年、稲嶺隆敏君(12)の作った標語が、本年度の「なは教育の日」コンクールで応募901点の中から最優秀賞に選ばれた。