琉球銀行、沖縄銀行、沖縄海邦銀行の2014年9月中間決算(単体)が13日、出そろった。中間純利益は3行とも増益となった。税金費用の圧縮などが貢献。県内景気の拡大を背景に貸出金残高が増加する一方、貸出金利回りの低下で収入の柱の貸出金利息収入が減少し、資金利益は伸び悩んだ。