16日投開票の知事選は13日、「三日攻防」に入った。無所属・新人で元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)、前民主県連代表の喜納昌吉氏(66)、前那覇市長の翁長雄志氏(64)と、無所属で現職の仲井真弘多氏(75)=自民、次世代推薦=は13日、大票田の那覇市でのスポット演説や練り歩きをこなし、浮動票の獲得に全力を挙げた。選挙戦最終盤を迎え、各陣営は残り2日間、組織の総力を結集し支持拡大を目指す。15日には竹富町で繰り上げ投票が行われる。

(右から)下地幹郎氏、喜納昌吉氏、翁長雄志氏、仲井真弘多氏

大票田で政策訴え知事選

 下地氏は午前6時、那覇市寄宮でのごみ拾いを皮切りに、壺屋のやちむん通りの練り歩きや首里地区などでスポット演説を実施。「今知事選の争点は私たちの暮らしだ」と述べ教育費の完全無料化などを訴えた。

 喜納氏は夕方、金武町内の浜からサバニで名護市の辺野古漁港に入った。到着後、「いかなる理由があろうとこの地球上から戦争を追い出す覚悟だ」とアピール。「美しい海に基地は造らせない」と強調した。

 翁長氏は那覇市内で演説、公設市場を練り歩いて市民と触れ合った。夕方には久茂地交差点でマイクを握り、「基地は沖縄の発展の阻害要因。基地のない平和で豊かな沖縄を実現しよう」と強調し支援を求めた。

 仲井真氏は早朝、那覇市港町の県漁連市場でのあいさつからスタート。市内の企業を訪問したほか、栄町市場などを練り歩き、「普天間問題の解決が最優先。経済発展にも力を入れる」と支持拡大を訴えた。