【沖縄】大阪府豊中市(淺利敬一郎市長)との兄弟都市締結40周年を記念して沖縄市(桑江朝千夫市長)は8日、市上地のミュージックタウン音市場で記念式典を開いた。桑江市長と淺利市長が「友好と信頼の絆を未来につないでいく」との共同宣言文に署名した。出席者約200人が「沖縄市」、「豊中市」、「仲良し(市)」と掛け声を上げて記念撮影した。

兄弟都市40周年記念で共同宣言文に署名した桑江朝千夫市長(左)と豊中市の淺利敬一郎市長=8日、ミュージックタウン音市場

 桑江市長は「多くの豊中市民に沖縄市を愛していただいているのは掛け替えのない宝。有意義な交流を続け、互いに発展していきたい」とあいさつ。淺利市長は「いちゃりばちょーでーの言葉通り、固い絆で結ばれている。持続可能な市民交流となるよう官民協働での取り組みにまい進したい」と述べた。

 交流会では東青年会のエイサーやエンターテインメント集団「なかのまちヤカラーズ」による踊りのほか、兄弟都市締結40周年記念ソングが披露された。50周年に飲むための古酒造りも行われ、最後はカチャーシーで締めくくった。