【石垣】日本で最小サイズのハトで冬鳥や旅鳥として飛来するベニバトが5日、石垣市の水田地帯で観察された。

電線にとまる3羽のベニバトと左から近づくキジバト=石垣市内

 水田ではこの時期、二期作の収穫後に落ちた稲穂を狙ってキジバトが多く集まる。

 秋の実りの恩恵にあずかろうとしたのかベニバト3羽は電線に止まり、周囲をうかがう様子が見られた。

 そこに黙っていられないのかキジバトが近づき、ベニバトを執拗(しつよう)に威圧。

 平和の象徴のハトだが餌をめぐっては激しい競争の中にあった。(奥沢秀一通信員)