16日投開票の那覇市長選は14日、「三日攻防」2日目を迎えた。激しい一騎打ちを繰り広げる前副市長で無所属新人の城間幹子氏(63)と前副知事で無所属新人の与世田兼稔氏(64)=自民、公明推薦=は早朝から街頭に繰り出し、支持拡大を呼び掛けた。

(右から)城間幹子氏、与世田兼稔氏

 城間氏は午後4時、おもろまちの市上下水道局前で街頭演説。「子どもたちが夢と希望を持てる那覇市にする」と訴えた。街宣カーで市内各地域を回り、公約に掲げた「七つの約束」をアピール。15日の打ち上げ式は午後6時に市泉崎の県民広場前で行う。

 与世田氏は午後2時半、沖縄セルラーパーク那覇の離島フェアを訪問、買い物客と触れ合った。その後は街頭演説に臨み、小禄地域では「子育てしやすい環境をつくり那覇をさらに発展させる」と訴えた。打ち上げ式は15日午後6時、市牧志の選対事務所前で行う。