離島フェア2014(同実行委員会主催)が14日、那覇市奥武山公園の沖縄セルラーパーク那覇で開幕した。「カタチで伝える 島のココロ」をテーマに16日までの3日間、18市町村、40の島々の魅力を伝える。

離島の特産品が並び、多くの来場者でにぎわう会場=14日午前、沖縄セルラーパーク那覇

 特産品販売では、129業者の1020品が並ぶ。人気の八重山かまぼこや伝統織りのバッグ、財布、久米島みそ、カツオのなまり節などを目当てに、多くの人でにぎわった。離島食堂では、伊江牛の焼肉丼、宮古や大東のそば、多良間のヤギ汁、久高のイラブー汁を味わうことができる。

 実行委員長の外間守吉与那国町長は「26回目を迎え、内容が充実している。離島の産業振興、活力ある地域づくりにつなげたい」と意欲を示した。