サッカーの第93回全国高校選手権県大会決勝は15日、西原町民陸上競技場で行われ、前原が3-3で迎えたPK戦で西原を下し、35年ぶり2度目の頂点に立った。

PK戦を制し喜ぶ前原イレブン

 前半を1-2とリードされて折り返した前原は、後半4分にFW田里駿のゴールで同点。6分後には田里のスルーパスを受けたFW上間夕輝が右足でネットを揺らし、逆転に成功した。

 だが後半22分に西原のMF川満拳也に同点弾を決められ、延長戦に突入。前後半計20分を終えても決着がつかずPK戦となり、5-4で前原が激闘を制した。

 前原は12月30日に東京都駒沢陸上競技場で開幕する全国大会への出場権を得た。