「チームみんなで勝った」。最後は2位に3秒差まで迫られたが、大浜が1区からのトップを守り抜いた。アンカーの大城岳は、石垣島から駆け付けた応援団と抱き合って2連覇を喜んだ。 崎田尚孝監督が「前日まで悩んだ」という1区には、エースの島袋太佑主将を置き、先行逃げ切りの作戦に出た。