【八重瀬】八重瀬町の志多伯遺跡で発掘された、約700年前のグスク土器などを展示した「出土遺物展」(主催・町教育委員会)が、具志頭歴史民俗資料館で開かれている。企画した生涯学習文化課主査の金城達さんは「鍋型土器の破片が多数見つかり、ほぼ原形に近い状態に復元した。