2018年(平成30年) 1月21日

沖縄タイムス+プラス ニュース

中学駅伝:幼なじみの結束力 女子V名護

 女子は名護が2年ぶりの優勝を手にし、2位に終わった昨年の雪辱を果たした。2区の岸本舞鈴主将は昨年のアンカー。ゴール目前のトラック勝負で競り負け「絶対にリベンジする」と燃えていた。 トップ鏡原と1秒差の2位で、1区の伊野波理桜からタスキをもらった。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間