地元開催の決勝で、大声援の後押しを受けた西原だったが、一歩及ばず、24年ぶりの優勝はならなかった。「絶対に勝てると信じていた」と小磯良志朗主将。「負け」を告げる笛が鳴り響くと、ガックリと腰から崩れ、号泣した。 終盤に好セーブでチームを救ったGK下地麗羅は「前半は自分のミスで失点した。