米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の是非を争点とした沖縄県知事選は16日午前7時から県内315カ所の投票所で投票が始まった。15日投票の竹富町(8カ所)の分を合わせ即日開票され、午後10時ごろまでに大勢が判明する見通し。当日有権者数は約110万8千人。

投票する有権者=16日午前9時、うるま市

 沖縄県知事選で投票する有権者=16日午前、那覇市

投票する有権者=16日午前9時、うるま市  沖縄県知事選で投票する有権者=16日午前、那覇市

 立候補しているのはいずれも無所属で、移設の是非を県民投票に委ねるべきだとする元郵政民営化担当相下地幹郎氏(53)、辺野古沿岸部の埋め立て承認を取り消すと訴える元参院議員喜納昌吉氏(66)、辺野古反対を掲げる前那覇市長翁長雄志氏(64)、辺野古推進の現職仲井真弘多氏(75)=自民、次世代推薦。仲井真氏以外は新人。【沖縄タイムス+プラス編集部】