県議会の3市区で欠員となっていた県議会議員補欠選挙は16日投開票され、那覇市区は前那覇市議の比嘉瑞己氏(40)=無所属、名護市区では前名護市議の具志堅徹氏(75)=無所属、沖縄市区では会社代表の花城大輔氏(43)=自民=の新人3氏が初当選した。

 投票率は那覇市区で65・06%、沖縄市区で58・75%、名護市区で65・44%。同日選となった知事選で前回の投票率を上回る一因となった。

 知事選で現職の仲井真弘多氏を破った翁長雄志氏の県政誕生で県議会の与野党の立場が大きく変わる。各会派や新人の対応で与党多数になるかが注目される。

 【得票数】選管最終(敬称略)

■那覇市区

当 比嘉瑞己 74427

  山川典二 61943

  謝花良広 13500

■名護市区

当 具志堅徹 15374

  末松文信 14281

■沖縄市区

当 花城大輔 27263

  島袋恵祐 21339

  亀田 隆 6923