ホーム最終戦で、優勝の懸かった首位金沢を迎えた琉球は、チャンスを得点に結びつけられず、14敗目を喫した。FW中山悟志は、金沢の選手たちがJ2昇格の喜びをサポーターと分かち合うのを見つめ、深いため息をついた。 序盤から守りを固める金沢に対し、攻略の糸口をつかめなかった琉球。