過去最多タイの4人が立候補し、インターネットでの運動が解禁されて以降初めてとなった今回の沖縄県知事選は、印象的なさまざまな言葉が飛び交った。有権者の共感を呼び、あるいは反発を招いたのはどんな言葉だったのか。