【沖縄】パナマ船籍の貨物船と日本船籍の土砂採取船の衝突事故で中城新港内に油が流出し、沖縄市漁協のアオサの養殖に少なくとも3千万円の被害が出ていることが17日、分かった。苗床となる網やアオサに油やへどろが付着して異臭を放っており、生産者は「今期の収穫は絶望的だ」と頭を抱えている。