【名護】米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古への新基地建設に反対する市民らは18日午前も、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で抗議行動を続けている。約40人が参加。ハワイ在住の県系人でつくる琉球芸能団「御冠船歌舞団」のメンバーが訪れた。

辺野古新基地建設の抗議行動を続ける市民らと交流する「御冠船歌舞団」のメンバーら=18日午前、名護市・キャンプ・シュワブのゲート前

 参加者と三線を弾いてカチャーシーを踊るなどして「平和を大切にするウチナーンチュの心を世界に広げよう」と訴えた。