沖縄尚学高校の生徒が県知事選に合わせて今月6日に実施した模擬選挙の開票が17日にあった。実際の選挙では3位に甘んじた下地幹郎さんが、全体の52%(363票)の票を集めて“圧勝”した。

 投票したのは、1・2年生704人。仲井真弘多さんが161票(23%)で2位になり、翁長雄志さんが141票(20%)で3位、喜納昌吉さんが22票(3%)で4位と続いた。無効票は17票(2%)だった。

 模擬選挙は、那覇青年会議所が同校に呼び掛けて実現した。投票に先立ち、各候補者が出席して(仲井真さんはビデオ参加)政策を訴えた。