沖縄県知事選で翁長雄志さん(64)が初当選した16日。テレビやラジオで活躍する評論家の荻上チキさんは、名護市辺野古や普天間飛行場周辺の住民、各選対本部を取材した。「国民の将来に関わる選挙」と、歴史的な重要性を語った。

知事選挙の背景を取材するため沖縄を訪れた荻上チキさん=16日、那覇市壺川・翁長雄志さんの選挙事務所

 最大の争点となった普天間の辺野古移設。県外となれば、「すべての都道府県が議論のテーブルに着かなくてはいけない」のに、「本土の大半が無関心」だと感じ、沖縄入りした。

 「基地問題だけでなく、さまざまな社会問題が、無知との戦い。今回の選挙は翌日の新聞の1面を飾っても、その後すぐに、消費税と解散をめぐる議論に戻るでしょう」

 県民の話を聞くと、「翁長さんならやってくれる」というより、「翁長さんしかいない」という語りが目立ったという。翁長さんに「希望」を抱いたわけでもない。かといって、仲井真さんの選択に「絶望」して諦めたくもない。今回の選挙は、まだ道はあるはずだという「意地の選挙」に見えた。意地の矛先は、「政府、アメリカ、本土の住人たち」と捉えている。

 一方で、翁長さんの勝利は、「新たな分断の始まりにもなり得る」と指摘。今後、もし保革連合に亀裂が入れば、「アイデンティティーのために立ち上がるというストーリーも崩れてしまう。希望の実現を積み重ねる以外に、道はない」(デジタル部・與那覇里子)

[詳しいインタビューはこちら]
http://www.okinawatimes.co.jp/cross/index.php?id=167