【東京】自民党沖縄県連会長の西銘恒三郎衆院議員は19日、国会議員会館内で会見し、県知事選敗北の責任を取って辞任することを明らかにした。「知事選大敗の責任を取る。今後の手続きは照屋守之幹事長らに任せる」と述べた。

 同日、県連役員らと、自民党の県関係国会議員でつくる「かけはしの会」に会長辞任を報告した。