ソフトバンクがドラフト5位指名した中大の島袋洋奨投手(22)=興南高出=172センチ、73キロ、左投げ左打ち=の入団が20日、決まった。東京港区で入団交渉が行われ、契約金4千万円、年棒800万円で合意した。

契約合意し、笑顔でポーズを取る島袋洋奨投手=東京都港区(小笠原大介撮影)

 契約を終えた島袋は「ようやく実感が湧いてきた」と笑顔で話したが、すぐに表情を引き締め「まだプロのレベルには達していない。体力と制球力をつけたい」と課題を挙げた。

 今季日本一に輝いたソフトバンクは来季から工藤公康新監督を迎える。同じ左投手として島袋は「プロの世界であれだけ長く活躍された。けがをしない体づくりを含め、さまざまなことを積極的に学びたい」と新指揮官の下でのプロ生活に胸を躍らせた。

 会見に同席した永山勝チーフスカウトは「高校時代から見続けてきた選手。実力は証明されているので、競争を勝ち抜いて第一線で活躍して欲しい」と期待を寄せる。

 1年目の目標について島袋は「まずは1軍を経験すること。任されたらどこでも投げる」。

 春夏連覇で甲子園を沸かせた「トルネード左腕」がプロの舞台へ歩みだした。(金額は推定)(小笠原大介東京通信員)