翁長雄志新知事を誕生させた「建白書勢力」が互いに対立候補を出さず、全選挙区に新基地建設反対の候補者を事実上擁立するという選挙協力を結んだ背景には、「保革一体」の枠組みを維持し、候補者の一本化で分裂を避け、国政選挙でも「辺野古反対」の県民の意思を示したい狙いがある。