那覇市のパレットくもじ前から国道58号の久茂地交差点までの通りを彩るイルミネーションが21日、始まった。「ホワイトクリスマス」をテーマに、白や青のLED照明が建物の外壁や街路樹をライトアップした。沖縄タイムス社を含む久茂地周辺の企業など14団体が参加。2月1日まで。

色とりどりの電飾が街を照らし出す「くもじイルミネーション」=21日、那覇市久茂地(田嶋正雄撮影)

 パレット前での点灯式で、参加団体の代表と善隣幼稚園の園児が登壇。カウントダウンしてボタンを押すと、高さ9メートルのクリスマスツリーや街路樹が一斉に点灯。観客から歓声が上がった。久茂地地区の活性化が目的で、昨年に続く催し。