プロバスケットボールTKbjリーグ西地区2位の琉球ゴールデンキングスは22日、秋田県立体育館で東地区2位の秋田ノーザンハピネッツと第13戦を戦い、79-66で勝利した。キングスは5連勝で、通算成績は11勝2敗。

 キングスは7点リードで迎えた第3Qで一時は同点に追い付かれたが、第4Qで再び秋田を突き放した。

 第1Q、小菅直人が3本、並里成も1本の3点弾を沈めるなどし25-16とリード。第2Qから秋田が内を固めつつ、外からのシュートを軸に立て直しを図り、42-35で迎えた第3Q。秋田に連続5得点、さらに3点弾を決められるなどで同点とされたが、並里成が攻撃をけん引して53-51とリードを保った。第4Qはドゥレイロン・バーンズの3点弾などで差を広げた。

 次戦は23日午後2時から同体育館で同カードを行う。(観客数3119人)