【久高泰子通信員】仏国北東部アルザス地方コルマール市展示会場で11月7~9日開催された第30回国際旅行博覧会は日本イベントとして多くの地元メディアに取り上げられ、特に琉球舞踊公演は注目された。

最後は全員でカチャーシーを踊る参加者ら=コルマール市内

日本観光ブースの前で高橋広治JNTOパリ事務所長を囲んで記念撮影する若手舞踊家

最後は全員でカチャーシーを踊る参加者ら=コルマール市内 日本観光ブースの前で高橋広治JNTOパリ事務所長を囲んで記念撮影する若手舞踊家

 去年11月のパリ国立ギメ博物館劇場での琉舞公演を鑑賞し、感動したという日本政府観光局(JNTO)の高橋広治パリ事務所所長が今回の日本の目玉イベントとして企画した。

 観客は開演30分前から舞台前に待機。琉舞の素晴らしさに拍手喝采し、最後のカチャーシーには多くが熱狂した。JNTOブースには日本各地のガイドブックとともに沖縄のガイドも200部ほど準備されたが3日目にはほとんどなくなった。琉舞公演は高橋パリ所長の尽力でJNTO、ストラスブルグ総領事、全日空、JTBコミュニケーションズの協力を得て実現した。

 去年のJNTOの調査では沖縄は東京、京都、大阪、広島に次いで「訪れたい日本の地」のベスト5位。日本からは京都府、広島、島根、愛知、和歌山、岐阜各県などがブースを構えた。3日間の入場者は昨年より29%増の1万161人で、隣国のドイツ、スイスからの来客が目立った。