維新の党沖縄県総支部の儀間光男代表や政党そうぞうの當間盛夫代表代行らは23日、下地幹郎元郵政民営化担当相に衆院選沖縄1区から出馬するよう要請した。下地氏の後援会からも出馬待望論が上がっており、下地氏は近く正式に出馬表明する方向で調整に入った。

 所属政党は、維新県総支部の儀間代表が維新国会議員団の松野頼久会長と調整を進めており、維新の公認を得られる見通しという。