沖縄県内の小学生から高校生までの100人が企画・運営を手掛ける「こども国際映画祭in沖縄(KIFFO)」(主催・同実行委員会)が23日、那覇市の県立博物館・美術館で始まった。24日まで。児童生徒が企画・運営する映画祭は県内で初めて。

映画祭で、来場者に会場案内する小学生=23日、沖縄県立博物館・美術館

 子どもたちは半年前から映画祭に向け、準備を進めてきた。本番では司会や進行、誘導、映写機操作などの係を分担した。

 初日のオープニングセレモニーでは、子どもたちが舞台に上がり「映画は心の栄養だ! 映画祭を開催します」と開会を宣言。会場からは拍手が湧いた。