第2回沖縄県パレードコンテスト(主催・県高校文化連盟)が23日、那覇市の国際通りであった。9月から県内各地で開催されてきた第38回県高校総合文化祭最終日のパレード部門も兼ねた今大会には県内の中学、高校から6チーム、計240人が出場。南風原高校と西原高校が、来年7月に滋賀県で開かれる全国高文祭への出場を決めた。

華やかなダンスと演奏を披露する西原高と南風原高の生徒たち=23日、那覇市・国際通り(古謝克公撮影)

 生徒たちはマーチングやエイサー、獅子舞、旗頭などで通りを練り歩き、日頃の練習の成果を発揮。南風原高と西原高の合同チームは、郷土芸能とマーチングを織り交ぜた華やかな演舞を披露した。沿道からは「高校生がんばれ!」の声援や指笛が飛んだ。